2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 感染症の週末 | トップページ | Clinical practice: Community acquired pneumonia 市中肺炎 »

2013年11月19日 (火)

ICAAC 2013 Top 10 papers on tropical & travel medicine

1. シャーガス病   
先日日本でも輸血者で抗体が見つかったシャーガス病 (Trypanosoma cruzi) の心筋症について。無症状の抗体陽性者を追跡して心筋症の発症を追いかけた研究です。    
Sabino EC, Ribeiro AL, Salemi VMC, Di Lorenzo Oliveira C, Antunes AP, Menezes MM, et al. Ten-year incidence of Chagas cardiomyopathy among asymptomatic Trypanosoma cruzi-seropositive former blood donors. Circulation. 2013 Mar;127(10):1105–15.    
抗体陽性者は2.5倍の危険。治療で予後は改善するのだろうか?→治験が走っているそうです。    
   
2.旅行者下痢の予防    
Kollaritsch H, Paulke-Korinek M, Wiedermann U. Traveler’s Diarrhea. Infect Dis Clin North Am. 2012 Sep;26(3):691–706.    
Rifaximinというリファンピシンと同じ難吸収性のリファマイシン系抗菌薬で腸管から吸収されない薬を旅行者下痢の予防に用いたスタディ、のメタアナリシスです。NNTは5、そんなに悪く無い。日本にない薬ですが。    
   
3.子供の旅行医学的問題    
Caillet-Gossot S, Laporte R, Noël G, Gautret P, Soula G, Delmont J, et al. Family compliance with counseling for children traveling to the tropics. J Travel Med. 2013 Jun;20(3):171–6.    
子供は大人よりも旅行後に医学的問題を起こしやすいけど、親が医療従事者からのアドバイスをあまり守ってないかも…という話。    
image

 

出身地、子供の年齢などがコンプライアンス不良と関連していたよう。ワクチンも黄熱のように打たなければ入国できないものは100%になるけれどそれ以外はワクチンの種類による、ということでした。

 

4.栄養失調の原因の一つに腸管の細菌叢が関与。   
Smith MI, Yatsunenko T, Manary MJ, Trehan I, Mkakosya R, Cheng J, et al. Gut microbiomes of Malawian twin pairs discordant for kwashiorkor. Science. 2013 Feb;339(6119):548–54.    
Kwashiokorといえば学生時代に覚えたアフリカでみられる栄養障害の名前でした。Scienceに載ったこのスタディではMalawiで双子のうち片方だけがKwashiokorを呈した児の腸管細菌叢をgnotobiotic miceにそれぞれ移植して、Kwashiokorを呈した児から移植されたマウスにMalawiでの食事をあたえるとKwashiokorが発症することを確かめています。

 

基礎よりの話なので研究方法などについてはさっぱりわからないのですが、ここで細菌叢と訳した”microbiome”という言葉は今回のICAACであちこちで聞きました。ゲノム解析の進歩で細菌叢全体をひとまとめにして解析する研究がいろいろな分野で進歩しつつあるようです。

 

5.抗菌薬を栄養失調の治療の一部に   
Trehan I, Goldbach HS, LaGrone LN, Meuli GJ, Wang RJ, Maleta KM, et al. Antibiotics as part of the management of severe acute malnutrition. N Engl J Med. 2013 Jan;368(5):425–35.    
こちらもmicrobiomeと関連する話ですが、急性の栄養失調を呈した子供に栄養補助に加えて抗菌薬も投与したところ抗菌薬の投与群の方が予後がよかったというお話です。    
二次感染が減ったからか?microbiomeがリセットされるからか?

 

image

 

6.狂犬病の予防についての世界的調査   
Jentes ES, Blanton JD, Johnson KJ, Petersen BW, Lamias MJ, Robertson K, et al. The global availability of rabies immune globulin and rabies vaccine in clinics providing direct care to travelers. J Travel Med. 2013 Jun;20(3):148–58. PMID: 23577860

 

グロブリンやワクチンがどれくらい手に入るかっていうことを世界中のトラベルクリニックにemailを送って調査したとのこと。

 

7.カンボジアにおける熱帯熱マラリアのアーテスネート耐性   
Miotto O, Almagro-Garcia J, Manske M, Macinnis B, Campino S, Rockett KA, et al. Multiple populations of artemisinin-resistant Plasmodium falciparum in Cambodia. Nat Genet. 2013 Jun;45(6):648–55. PMID: 23624527    
アジアとアフリカではだいぶ違うよう。

 

8.高山病の話 イブプロフェンで予防できるか?   
高山病はAcute mountain sickness:AMSと略すと知った。   
Lipman GS, Kanaan NC, Holck PS, Constance BB, Gertsch JH. Ibuprofen Prevents Altitude Illness: A Randomized Controlled Trial for Prevention of Altitude Illness With Nonsteroidal Anti-inflammatories. Annals of Emergency Medicine. 2012 Jun;59(6):484–90.    
イブプロフェン600mg1日3回(日本の用量と比較するとずいぶん多い)で予防できるかどうかのRCT。プラセボと比較して有意に減少。NNTは3.9。アセタゾラミドのNNTは3-8、デキサメサゾンは2.1-3.7らしい。

 

9.途上国の子供の下痢の話。   
Kotloff KL, Nataro JP, Blackwelder WC, Nasrin D, Farag TH, Panchalingam S, et al. Burden and aetiology of diarrhoeal disease in infants and young children in developing countries (the Global Enteric Multicenter Study, GEMS): a prospective, case-control study. Lancet. 2013 Jul;382(9888):209–22. PMID: 23680352   
3年間の前向きスタディで5つの病原体に対して介入の効果を見たもの。

 

10.海外旅行とESBL産生菌の定着   
Östholm-Balkhed Å, Tärnberg M, Nilsson M, Nilsson LE, Hanberger H, Hällgren A. Travel-associated faecal colonization with ESBL-producing Enterobacteriaceae: incidence and risk factors. J Antimicrob Chemother. 2013 Jan 9;68(9):2144–53. PMID: 23674762   
スウェーデンでの研究。渡航前2.4%だった便中の定着が旅行後に30%に。インド亜大陸がオッズ比4.8。

 

このフィールドの広さが感染症らしいですね。広くものを見る鳥の目を忘れないようにしたいものです。   

« 感染症の週末 | トップページ | Clinical practice: Community acquired pneumonia 市中肺炎 »

感染症科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157615/58606402

この記事へのトラックバック一覧です: ICAAC 2013 Top 10 papers on tropical & travel medicine:

« 感染症の週末 | トップページ | Clinical practice: Community acquired pneumonia 市中肺炎 »