2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Management of S. aureus bacteremia : Persisting controversies | トップページ | Emerging phenotypes and genotypes in MDR and XDR Gram-negative pathogens その2 »

2010年10月 4日 (月)

Emerging phenotypes and genotypes in MDR and XDR Gram-negative pathogens

ボストンから帰ってきてだいぶ時間がたっていますが、空き時間にぼちぼち
まだノートを書いています。

MDR-GNRのセッションのノートです。
Meet-the-expert session
Emerging phenotypes and genotypes in MDR and XDR Gram-negative pathogens
Helen Giamarellou

ギリシャから来た女性の先生がものすごいスピードでしゃべっていて
さっぱり追いつけず。

・ESBL
ESBLのレビュー。市中でも問題になってきているところも。
Pitout JDD, Nordmann P, Laupland KB, Poirel L.
Emergence of Enterobacteriaceae producing extended-spectrum
beta-lactamases (ESBLs) in the community.
J. Antimicrob. Chemother. 2005 Jul;56(1):52-59.

Pitout JDD, Laupland KB.
Extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae: an
emerging public-health concern.
Lancet Infect Dis. 2008 Mar;8(3):159-66.

ESBL産生腸内細菌科による感染症の治療にFosfomycinが有望視されているけれど、
データは足りていないよう。

・MDRのAcinetobacterは世界中に広がって困ったものだ。
Giske CG, Monnet DL, Cars O, Carmeli Y.
Clinical and economic impact of common multidrug-resistant
gram-negative bacilli.
Antimicrob. Agents Chemother. 2008 Mar;52(3):813-821.
PMID: 18070961

米国のメロペネム感受性のサーベイランス
Rhomberg PR, Jones RN.
Summary trends for the Meropenem Yearly Susceptibility Test
Information Collection Program: a 10-year experience in the United
States (1999-2008).
Diagn. Microbiol. Infect. Dis. 2009 Dec;65(4):414-426.
PMID: 19833471

ヨーロッパでも国によってだいぶ耐性菌の分布が違う。
耐性の広がり具合は南>北というかんじ。
(これも南北問題か?)

・βラクタマーゼの話
カルバペネマーぜは102種類ある。
IMP-1は日本で発見された。ウィーンで発見されたのがVIM。

KPCはプラスミドにコードされている。
Nordmann P, Cuzon G, Naas T.
The real threat of Klebsiella pneumoniae carbapenemase-producing bacteria.
Lancet Infect Dis. 2009 Apr;9(4):228-236.
PMID: 19324295

この論文にはKPCの世界地図がでており面白いです。

・メタロβラクタマーゼ(MBL)の話
ギリシャは大変だった。
Souli M, Kontopidou FV, Papadomichelakis E, Galani I, Armaganidis A,
Giamarellou H.
Clinical experience of serious infections caused by Enterobacteriaceae
producing VIM-1 metallo-beta-lactamase in a Greek University Hospital.
Clin. Infect. Dis. 2008 Mar 15;46(6):847-854.
PMID: 18269335

Souli M, Galani I, Antoniadou A, Papadomichelakis E, Poulakou G,
Panagea T, et al.
An outbreak of infection due to beta-Lactamase Klebsiella pneumoniae
Carbapenemase 2-producing K. pneumoniae in a Greek University
Hospital: molecular characterization, epidemiology, and outcomes.
Clin. Infect. Dis. 2010 Feb 1;50(3):364-373.
PMID: 20041768

KPCは羊の革をかぶった狼かもしれない。
PhenotypeだけではESBLと間違えることもある!
Espedido BA, Thomas LC, Iredell JR.
Metallo-beta-lactamase or extended-spectrum beta-lactamase: a wolf in sheep's clothing.
J. Clin. Microbiol. 2007 Jun;45(6):2034-2036.
PMID: 17409217


隠れたKPCは新たな脅威である。

・NDM-1
Newest MBL
インドとパキスタンでEndemicになっている。感受性はコリスチンとTigecyclineしか残っていない。

Pan-drug resistantのK.pneumoniae, P. aeruginosa, A. baumanii
ギリシャの経験。
Falagas ME, Rafailidis PI, Matthaiou DK, Virtzili S, Nikita D,
Michalopoulos A. Pandrug-resistant Klebsiella pneumoniae, Pseudomonas
aeruginosa and Acinetobacter baumannii infections: characteristics and
outcome in a series of 28 patients.
Int. J. Antimicrob. Agents. 2008Nov;32(5):450-454.
PMID: 18768302

Schwaber MJ, Carmeli Y.
Carbapenem-resistant Enterobacteriaceae: a potential threat.
JAMA. 2008 Dec 24;300(24):2911-2913.
PMID: 19109119

これからどんどん問題になってくるでしょう・・・

広がりを防ぐ対策はどうするか。
まずは手指衛生からです!

« Management of S. aureus bacteremia : Persisting controversies | トップページ | Emerging phenotypes and genotypes in MDR and XDR Gram-negative pathogens その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157615/49578003

この記事へのトラックバック一覧です: Emerging phenotypes and genotypes in MDR and XDR Gram-negative pathogens:

« Management of S. aureus bacteremia : Persisting controversies | トップページ | Emerging phenotypes and genotypes in MDR and XDR Gram-negative pathogens その2 »